企業紹介

不織布づくり一筋に、半世紀。グループ一貫体制で高品質な製品づくりを実現。

シンワは不織布づくりで国内トップクラスの実績を持つメーカーです。不織布とは、織らない布と書くその文字通り、繊維をさまざまな方法で結合して作る布のことです。日本では1950年代の中頃に導入された技術ですが、シンワでは1965年から生産を始め、現在までに約半世紀の歴史を重ねています。
不織布の特徴は、繊維を織る従来の布とくらべて、リーズナブルなコストを実現できる点と、素材や繊維の結合方法(シンワは5つの生産技術を確立)を工夫することで、さまざまな機能を持たせることができる点にあります。シンワは、この不織布の素材開発から生産、さらに加工までを手がける企業です。海外においては中国で子会社2社を設立しているほか、インドネシアでも工場建築中です。また、販売についても自社営業部門と関連会社・東京メディカルも併せて、事業の川上から川下までグループ企業として一貫体制を築いています。この一貫体制による最大のメリットは、各種のノウハウ共有や課題克服のための取り組みがスピーディに行える点にあります。そうした体制の下、シンワは高品質な不織布づくりでお客さまから高い評価をいただいています。

シンワ本社工場。本社事務所と併せ、3工場が稼働しています。

厳密な生産管理が求められる不織布の生産工程。

製品の高付加価値化への取り組みはシンワのDNAです。



商品

生活・食・衛生・医療などさまざまな分野へ。

不織布が日本に上陸して半世紀余。今や不織布は多くの産業分野で欠かせない素材となっています。シンワが不織布製品を届ける産業分野は、生活・食品・衛生・医療・土木&建築・農業、等々。品種としては約1万2,000種にも上ります。それらは、カラーやサイズ・重量はもちろん、素材や添加物、さらには製法の違いによる吸水性や保湿性、強度などそれぞれ異なった機能や性質を持ちます。シンワはロール状の不織布原反を、上記産業分野の各メーカーに販売するほか、自社製品としても数々の製品をラインナップしています。

不織布は産業のさまざまな分野で活躍しています。シンワでは生活、食品、医療など大きく分けて6つの分野に製品を供給しています。


ALLTIME

シンワが生産し、関連会社・東京メディカルが販売する各種不織布製品は「オールタイム」ブランド。高品質不織布製品として高い評価を受けています。


ファストフード店他で利用の多いカウンタークロス。

医療分野ではマスクや白衣などを生産しています。

食品分野ではミートペーパーなどを生産しています。

農業分野にも不織布製品が活躍しています。