先輩インタビュー|いただいたお客さまからのオーダーを、間違いなくお届けするのが使命。 井上 暁子 2012年入社 業務部

業務メンバーのチームワークを発揮して、午前中に届くオーダーは、必ず即日出荷します。

シンワには事務職を希望して入社したのですか?

学生の頃、自分には営業的な仕事は向いていないってわかっていたので、そうなると事務系の仕事かなって。シンワという会社を知って、いい会社だなと思ったので事務職を希望して応募したのですが、その頃は事務系の仕事といえば漠然と総務や経理のイメージしかありませんでした。シンワの事務職に受注・出荷手配という仕事があると入社前に聞いていたのですが、仕事内容については、正直理解できていなかったと思います。

井上さんの担当する仕事を具体的に教えてください。

私は、受注業務という仕事を担当しています。この仕事は、お客さまから入ってくるオーダーに従って、指定された商品を出荷する仕事です。お客さまからのオーダーは、ファックスで届きますが、まずこれをコンピュータに入力します。商品は在庫があればすぐに発送の手配に入りますし、在庫のない商品であれば加工や発注の手配をします。発送は、一日5便くらいあり、ほとんどの商品は即日出荷されます。入力したオーダーの売上処理を行うと商品が出荷されます。これが一通りの流れです。


業務には1課と2課があるということですが?

私が所属するのは業務2課で、当社の関連会社である東京メディカルのお客さま向け商品を扱っています。業務1課は、シンワ自体のお客さま向け商品を扱います。シンワの商品は、基本的に不織布の原反となりますが、業務2課が扱う商品は、カウンタークロスやトレーマット、マスク、キャップなどに加工された最終商品です。シンワでは、自社工場内に加工部門を持っており、東京メディカルが扱う商品はこの工場で加工します。自社工場で加工できない別注品などもありますが、これは外部の協力企業に委託して加工してもらっています。業務2課は18名の部署で、そのうち本社で私と同様の仕事をしている受注業務担当は4名です。

本社の東京メディカル関連の受注入力を4名で担当されているわけですね?

その通りです。シンワではお客さまへ迅速に商品をお届けするために、午前中までの発注分については即日出荷体制を取っており、毎日午前中はかなり忙しくしています。どんどん届くお客さまからの発注書を4人で手分けして担当しますが、正確さとスピードが同時に求められる仕事だと思います。毎年12月が一番の繁忙期なのですが、この時期の忙しさはかなりのものです。4人で協力し合いながら頑張ります。

業務の仕事のやりがいはどんなところに?

お客さまからの注文をいただくのは営業の仕事ですが、注文を間違いなくお届けするのは業務の仕事です。しっかりとその信頼にお応えするために、業務の責任は大きいと思います。その責任の大きさがやりがいだと思います。4人のチームワークで仕事にあたり、毎日無事出荷できたときに充実感を感じます。

今後の目標を聞かせてください。

業務の中に商品の加工を手配する仕事があります。この仕事は、外部に委託する常備在庫品や別注商品の加工手配を行うもので、一部今も担当させていただいていますが、ゆくゆくはこの手配を本格的に経験してみたいと思います。また、業務1課でのシンワ商品を担当する業務もやってみたいという気持ちもあります。シンワに入社して今年8年目ですが、まだまだ知らないことも多く、いろいろな経験をしてみたいと思っています。


扉へ戻る

仕事紹介

業務

商品の受注および加工・出荷手配、資材の発注、在庫管理などを担当します。商品製造の各プロセスを把握し、スムーズに製造から納品までが行えるよう社内各部門の調整を果たしていく重要なポジションです。