仕事紹介|業務 例えるなら、組織の神経。各セクションの情報を円滑につなぎます。

仕事概要

営業と生産管理の両部門を結び、在庫管理や受発注管理、納品管理などを行っています。

企業にはさまざまな組織があり、その組織は互いに連携して動いています。たとえば、お客さまと商談を進め、シンワ製品の受注活動を行う営業部門と、お客さまのオーダーに応じた製品の生産を担う生産管理部門。その2部門の情報をつなぐのが業務部門の大きな役割です。具体的には、受発注管理・生産資材管理・納品管理・在庫管理といった仕事をそれぞれの担当スタッフが行うことで、2つの部門はもちろん、それに関連する各部門が円滑に機能するのです。業務部門はまた、総務・経理業務も併せて行っており、まさに情報の集積地ともいえる部署です。

ここがポイント!

1. 重要なのは、会社の仕組みと事業の流れを理解すること

業務部門は、他部署から回ってきた伝票をPCに入力するといった単純な「事務作業」を行う部署に見えるかもしれませんが、決してそうではありません。会社や事業の仕組み、各製品やその仕様、受注から生産、出荷の業務全体の流れなど、それらを理解してはじめて可能になる、それが業務という仕事です。ルーティンワークではなく、創意工夫で何倍もやりがいを倍増できるはずです。

正確さとスピードが求められる受発注管理

スタッフ間の情報共有は綿密に

2. 業務部門は、縁の下の力持ち

シンワ各部署の中で、業務部門の位置付けは“サポート役”ともいえるものです。営業や生産関連部門が最大のパフォーマンスを発揮できるよう、情報処理の観点からさまざまなサポートを行っていきます。まさに「縁の下の力持ち」それが業務部の存在意義です。付け加えれば、業務部門の働きが事業の成果を左右するだけに、シンワの経営戦略上、非常に重要な部署であることは間違いありません。

お客さまからの問い合わせ・対応は重要な業務

工場見学などお客さまの訪問にも対応

扉へ戻る

先輩インタビュー

山口 玲

業務部

業務部にはさまざまな仕事があるのですが、私の担当は「検印」と「外注管理」です。検印とは、間違いなく出荷するための確認業務で、外注管理とは、シンワではできない折りなどの加工を外部の会社にやっていただく手配です。いずれの仕事も責任の大きな仕事です。

井上 暁子

業務部

私たちの担当は、シンワの関連会社である東京メディカルのお客様向けの商品出荷です。シンワのお客様では原反での出荷が基本ですが、東京メディカルのお客様へは加工された商品として出荷されます。午前中までのオーダーで、即日出荷を原則としています。