仕事紹介|商品開発 イノベーションを合言葉に、不織布の可能性を追い求めます。

仕事概要

不織布ならではの特徴を生かしより高品質でより機能的、より付加価値の高い不織布づくりを。

布製品とくらべて、繊維をさまざまな方法で結合させて作る不織布は、原料や結合方法などの組み合わせで、無限ともいえる機能・性質を付加することができます。しかも、製造工程が比較的シンプルで、コストダウンも図りやすい素材です。そうした不織布の特徴を最大限に生かして製品づくりを行うのが商品開発室です。商品開発室では営業から上がってくるお客さまニーズをベースに、より高品質でより機能的、より付加価値の高い不織布づくりに日々取り組んでいます。

ここがポイント!

1. お客さまニーズを原点に創意工夫を重ねていきます

「もっと厚手で吸水性の高いものを」「もっと薄くて破れにくいものを」営業スタッフを通じて届くお客さまの声は、さまざまです。そうした声を製品に反映していくのが商品開発室の役割です。薄手にしながら引張強度を持たせるにはどうしたらよいか、どのような原料を使用し、繊維をどのように結合させるか。商品開発の創意工夫はお客さまニーズが常に原点にあります。

ミーティングでは全員で自由闊達に意見交換

正確なデータ分析が欠かせない商品開発の仕事

2. 環境にやさしい不織布の開発を積極的に

環境保護に対する取り組みは、今や世界の潮流ともいえるものです。シンワも地球市民の一員として、本業を通じた環境保護への取り組みを積極的に行っていかなければならないと考えています。不織布は元来、環境にやさしい素材ですが、トウモロコシなどの植物からつくられるポリ乳酸を原料にした自然循環型不織布も10年以上前から開発・生産。今後もより環境にやさしい不織布の開発に積極的に取り組んでいきます。

新製品をお客さまへプレゼンテーション

今後大きな需要が期待される環境にやさしい不織布

扉へ戻る

先輩インタビュー

南 知宏

商品開発室

シンワが企画・製造する不織布はさまざまな製法がありますが、その中のひとつ、ナノファイバー不織布による商品づくりを担当しています。この分野はまだ新しく、これからの成長が期待される分野。フロンティアスピリットで勝負です!

古味 光紗

商品開発室

豆科の植物の遺伝子を研究していた大学院時代に別れを告げ、シンワに入社してからすでに5年が経ちます。入社後のほとんどの時間をナノファイバー不織布の商品化に注いできました。苦しくも、楽しい試行錯誤の時間だったと思います。